アーキテクツ・スタジオ・ジャパン (ASJ) 登録建築家 諫山太志 (諫山生活建築研究所) の顔写真

諫山太志
ISAYAMA FUTOSHI

諫山生活建築研究所

常にお客様とのコミュニケーションを大切にし、相手の立場を尊重しながらご提案をして、お客様が納得し、安心していただけるよう努力しています。
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン (ASJ) 登録建築家 諫山太志 (諫山生活建築研究所) の代表作品事例の写真

諫山生活建築研究所

事務所 1

〒805-0006 福岡県
福岡県北九州市八幡東区諏訪1-9-12

093-777-6678
083-224-2566
JR九州スペースワールド駅
Staticmap?center=%e3%80%92805 0006+%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%8c%97%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e5%b8%82%e5%85%ab%e5%b9%a1%e6%9d%b1%e5%8c%ba%e8%ab%8f%e8%a8%aa1%ef%bc%8d9%ef%bc%8d12&key=aizasybfaocc8ptb5bnynqkr9hznyycsyfcwn28&markers=%e3%80%92805 0006+%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%8c%97%e4%b9%9d%e5%b7%9e%e5%b8%82%e5%85%ab%e5%b9%a1%e6%9d%b1%e5%8c%ba%e8%ab%8f%e8%a8%aa1%ef%bc%8d9%ef%bc%8d12&scale=2&size=960x400&zoom=16
事務所 2

〒750-0059 山口県
山口県下関市汐入町19-1【4/1より、こちらの新住所に変更】

083-224-2566
083-224-2566
JR西日本下関駅
Staticmap?center=%e3%80%92750 0059+%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e7%9c%8c%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e7%9c%8c%e4%b8%8b%e9%96%a2%e5%b8%82%e6%b1%90%e5%85%a5%e7%94%ba19%ef%bc%8d1%e3%80%904%2f1%e3%82%88%e3%82%8a%e3%80%81%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%ae%e6%96%b0%e4%bd%8f%e6%89%80%e3%81%ab%e5%a4%89%e6%9b%b4%e3%80%91&key=aizasybfaocc8ptb5bnynqkr9hznyycsyfcwn28&markers=%e3%80%92750 0059+%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e7%9c%8c%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e7%9c%8c%e4%b8%8b%e9%96%a2%e5%b8%82%e6%b1%90%e5%85%a5%e7%94%ba19%ef%bc%8d1%e3%80%904%2f1%e3%82%88%e3%82%8a%e3%80%81%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%ae%e6%96%b0%e4%bd%8f%e6%89%80%e3%81%ab%e5%a4%89%e6%9b%b4%e3%80%91&scale=2&size=960x400&zoom=16

略歴

1954年 3月
福岡県生まれ
1979年 3月
下関市立大学経済学部 卒業
1979年 4月
西部技建株式会社 入社
1982年 3月
東日本ハウス株式会社 入社
1992年 4月
有限会社諫山生活建築研究所 設立
1997年 3月
三井ホーム コンサルタン 就任
1997年 4月
SchoolofDesignQueenslandCollegeofArtGriffithUniversity 修了
1999年 4月
早稲田大学理工学総合センターA-3全過程 修了
2000年 11月
SPI外断熱2重自然通気工法プランナー 住宅展示場設計
2011年 9月
リフレクティックス遮熱工法認定
2012年 4月
有限会社を個人会社、諫山生活建築研究所に改組

経歴

1993年 1月
社団法人インテリア産業協会 奨励賞
1997年 3月
北九州市副都心計画実行委員
2000年 12月
SPI会報にて、外断熱展示場発表
2002年 3月
クリップレター執筆中
2004年 8月
関門地区景観条例制定サポート(スタッフ中村)
2006年 6月
下関市屋外広告物条例審議会サポート(スタッフ中村)
2008年 6月
匠情報「エコロジーライフを目指して」4回
2012年 5月
東経ニュース「最新の遮熱工法と日本古来の建築工法を融合させた空間設計」